投稿カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月間アーカイブ

お問い合わせ

中韓朝日報(ちゅうかんちょうにっぽう)へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

逆アクセスランキング

1 / 612345...最後 »

【軍事】韓国軍が開発する新型兵器「停電爆弾」とは?

2017年06月12日 23:40:40 , JST
ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/06/12(月) 17:28:51.88
 韓国軍が、北朝鮮の戦争遂行能力を低下させるための新型兵器の開発に取り掛かる方針だと、韓国のYTNが報じている。

 「停電爆弾」とも呼ばれるこの兵器は、導電性の高い炭素繊維を空中で爆発させ、送電線に付着させることで、電力網を麻痺させるというものだ。

 韓国軍は、大量反撃報復作戦のKMPR(Korea Massive Punishment & Retaliation)を実現させるために、この兵器の開発を進める方針だ。

 有事の際に電力網を麻痺させることで、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の指揮連絡体制を無力化させられるというわけだ。

 ちなみに、北朝鮮の電力事情は非常に劣悪であることで知られている。

 特に、渇水で水力発電所が稼働できなくなる冬季の電力事情は最悪で、何ヶ月も電気が供給されないことはざらにある。

 北朝鮮当局は、水力発電所の建設を各地で進めているが、手抜き工事により、稼働できない事態が起きている。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170612/soc1706120021-n1.html

米NASAの宇宙飛行士スコット・ケリー氏が宇宙から撮影しTwitterに投稿した夜の朝鮮半島の画像。中央の大きな光が韓国のソウル、その若干左上の小さな光が平壌。それ以外の北朝鮮は闇夜に包まれている。(画像:Twitter)

続きを読む

朝日新聞「森友学園問題、政府のせいで国会の審議時間が空費された!...

2017年06月12日 23:02:03 , JST
  2017/06/11(日) 17:05:12.22
確認拒否に誤説明…政府、12時間を空費 森友問題審議

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題や「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設問題の追及が続く今国会。
このうち、先に浮上した森友問題の審議で、政府が事実関係の確認を拒んだり事実と異なる説明をしたりしたため、少なくとも12時間が空費されたことが朝日新聞の調べでわかった。

 12時間は国会審議の2日分に相当する。政府は「何十時間、こればかり質問している」(安倍晋三首相)と言って野党の姿勢を批判していたが、
むしろ野党の指摘や追及に正面から向き合わない政府の姿勢が論戦を空疎にしている実態が浮き彫りになった。

 朝日新聞は衆参両院の本会議のほか、財務省との関連が深い予算、決算など衆参6委員会の審議を対象に、問題が報道された2月9日から、5月31日までの審議内容を調べ、質疑と答弁の時間を集計した。

 野党が個別の事実関係を示して質問しても、政府が「確認しない」「記憶・記録にない」といって明示的に確認を拒んで空費された時間は、8時間13分。

 このうち、自民党の鴻池祥肇(よしただ)・元防災担当相の事務所の面会記録に記された近畿財務局との交渉経緯に関する質疑が約4分の1を占めた。
財務省は参院財政金融委員長の指示で、記録にある一部の事実関係を国会に報告するまで約4週間、「ネット上で情報が流れている時代。個別に確認することは必要ない」(佐川宣寿〈のぶひさ〉理財局長)などと言って確認を拒否し続けた。

http://www.asahi.com/articles/ASK505HPTK50UTFK00N.html

関連
森友学園の国有地取得、政治家の関与は無かった事がほぼ確定 野党やマスコミはどう責任取るんだ?
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1489818334/


続きを読む

【国連】 慰安婦合意や報道の自由…日本、国連報告書にことごとく反...

2017年06月12日 20:20:22 , JST
蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2017/06/12(月) 14:48:36.13
(ソウル=聯合ニュース)イ・ヘヨン記者=国連特別報告官の報告書にいちいち反論意見を出している日本政府が韓国に対する報告書にまで自国の意見を出したことは異例だという評価が出ている。

日本政府は国連拷問防止委員会が先月12日に出した報告書で2015年12月になされた韓国と日本政府の慰安婦合意内容を改正するよう勧告すると、すぐに合意の正当性を主張する見解を発表した。国連報告書は日本軍慰安婦を「第二次世界大戦中性奴隷制度の犠牲者」と規定して「韓日合意は被害者に対する名誉回復、補償、再発防止に不充分だ」と批判した。

日本政府報道官の菅義偉官房長官は「(拷問防止委員会の勧告は)韓国について言及したもの」とし、「日本政府に対する法的な拘束力は全くない」と述べた。読売新聞によれば日本政府はこれと関連して、反論文を提出する方針と知られた。反論文に慰安婦を性奴隷と見ている点を指摘し、韓日合意改正は必要ないという考えを入れる計画という。

これについて毎日新聞は日本政府が他国に対する国連関連機構の勧告にまで反論するのは異例だと11日、指摘した。慰安婦合意と関連して安倍晋三総理の先月27日の発言も非難された。日本政府は当時、安倍総理がアントニオ・グテーレス国連事務総長と会った席で慰安婦関連、韓日合意の重要性を説明しよう「(グテーレス総長が)賛成して支持する、という意思を明らかにした」と発表した。しかし、国連側は「合意の内容については言及しなかった」と直ちに反論し、かえって国連との見解の違いを浮上させる契機になった。

日本政府は日本軍の慰安婦蛮行と関連した教科書記述について日本政府が過度に介入してはならないという国連報告書草案についても報告書内容が「客観的な事実に基づいていない」として報告書訂正・削除を促す反論文を国連に提出した。

日本政府はまた、デービッド・ケイ国連表現の自由特別報告官が日本の報道機関と表現の自由を批判したことについても「憶測」と反発したが、ケイ報告官は解釈にともなう差はあるかも知れないが、(日本の報道機関と表現の自由批判は)事実に基盤を置いた内容」と再反論するなど国連機構とことごとく衝突する姿勢を見せた。

▲記者会見する国連特別報告官

ケイ報告官は国連人権高等弁務官室(OHCHR)を通じてホームページに公開した「日本における表現の自由」報告書を通じて慰安婦など歴史教育に政府介入の恐れがあるとし、教科書検定制度が改善されるべきで、放送会社に対する政治的公平性を要求した放送法4条撤廃などを要求した。彼は「昨年出版された教科書の場合、一種類だけに慰安婦記述がある」として「15年前には5〜6種類に達しただけに、大きな変化」と日本政府の圧力があったという認識を明確にした。

国連特別報告官は国連人権理事会が任命する。国家と地域別人身売買と表現の自由など主題別人権状況を調査して発表する。国連から独立した立場で活動するため、国連の全体意思を反映するわけではないが、該当国家や地域に対する国際社会のイメージに相当な影響を及ぼす。

日本政府が気に入らない報告書に対して、いちいち反論するのもこの点を意識したわけだが「泥棒は自分の足がしびれる」(訳注:悪いことをして気がとがめる者は、自分からボロを出す)という批判も出ている。第一野党の民進党の野田佳彦幹事長は「これまでは特別報告官の報告内容の中で受け入れることは受け入れてきた」と指摘して門前払い式反論に違和感を感じると話した。

ソース:聯合ニュース(韓国語) 日、国連報告書ことごとに反論…「泥棒が私足がしびれたか?」
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/06/12/0200000000AKR20170612067400009.HTML

続きを読む

防衛省、ミサイル防衛の新迎撃システム導入判断へ

2017年06月12日 19:40:57 , JST
コモドドラゴン ★ 2017/06/12(月) 08:07:47.99
6月12日 4時34分 NHKWeb

防衛省は、ミサイル防衛の強化に向けた新たな迎撃システムの導入について、北朝鮮のミサイル技術の進展を踏まえ、複数のミサイルへの対応など、将来的に必要となる迎撃能力なども見極めたうえで、ことし夏までをめどに判断したいとしています。

防衛省は、北朝鮮の弾道ミサイルに対し、大気圏外で迎撃するミサイルを搭載したイージス艦と、大気圏内で迎撃する地上配備型のミサイル「PAC3」を組み合わせた多層的な防衛態勢をとっています。こうした中、防衛省はミサイル防衛の強化に向けて、地上配備型で、イージス艦と同様の能力がある「イージス・アショア」や、「PAC3」よりも高い高度で迎撃できる「THAAD」を導入した場合の費用対効果などを検討しています。

このうち「イージス・アショア」について、自民党内などには、日本全体を防護するうえで比較的、費用が抑えられ、常時、警戒にあたっているイージス艦の乗組員の負担も軽減できることなどから、導入を支持する意見があります。
一方、防衛省内には、複数の弾道ミサイルに同時に対処する能力が高い「THAAD」を導入すれば、より多層的な態勢を構築できるといった指摘もあります。

このため防衛省は、新たな迎撃ミサイルシステムの導入について、北朝鮮のたび重なる弾道ミサイル発射による技術の進展を踏まえ、将来的に必要となる迎撃能力なども見極めたうえで、ことし夏までをめどに判断したいとしています。

URL先に動画があります。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170612/k10011014341000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_013

続きを読む

1 / 612345...最後 »
スポンサード広告

アンテナがビビビッだぜ!

中韓朝日報 で人気のあるスレッド

世間様が注目しているニュースなど

人気のあるスレッド