投稿カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月間アーカイブ

お問い合わせ

中韓朝日報(ちゅうかんちょうにっぽう)へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

逆アクセスランキング

1 / 812345...最後 »

常識を身につけず大人になったやつwwwwwwwwww

2017年07月09日 23:00:45 , JST
  2017/07/05(水) 07:58:36
ワイやで
学校で常識教えてクレメンス……

続きを読む

ロシア、北方領土を経済特区指定へ 日本を揺さぶりか

2017年07月09日 22:40:49 , JST
ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 22:19:12.98
 【モスクワ=黒川信雄】イタル・タス通信によると、ロシアで極東開発を統括するトルトネフ副首相は6日、クリール諸島(千島列島と北方領土)南部を経済特区に指定する決定をしたと明らかにした。同諸島南部は北方四島を指しており、日本側の強い反発は必至だ。

 経済特区は税制の優遇措置などを通じ、企業誘致を促進する制度。ロシア側は昨年末、北方領土での共同経済活動に向け日本と交渉入りで合意したことを受け、クリール諸島での特区創設を当面延期する考えを明らかにしていた。

 ドイツでの20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて日露首脳会談が実施されるのを直前に、日本に揺さぶりをかけてきた可能性もある。

 トルトネフ氏は1週間ほどで政府への申請書類が完成すると表明。ロシア企業が現地の水産加工産業に5億ルーブル(約10億円)を投資するとも述べた。

 トルトネフ氏は3月、共同経済活動をめぐる日露の協議が進展しなければ、ロシア独自で四島開発を推進することも辞さない考えを示していた。

 日本は6月末、共同経済活動に向けて長谷川栄一首相補佐官を団長とした官民調査団を北方領土に派遣。国後、択捉、色丹の3島で水産加工場などを視察したほか、北方領土を事実上管轄する露極東サハリン州の知事らとも会談していた。

http://www.sankei.com/politics/news/170706/plt1707060032-n1.html

無料ぷよぷよネット対戦ゲーム

続きを読む

IMFが韓国政府を質問攻めに…

2017年07月09日 22:20:45 , JST
  2017/07/09(日) 08:49:09.65
信用できない国だからだろ

続きを読む

朝鮮半島が高句麗の時代から繰り返されてきた騒動の原因を検証『朝鮮...

2017年07月09日 22:01:06 , JST
らむちゃん ★@\(^o^)/ 2017/07/08(土) 11:35:36.53
2017.7.8 11:00更新
http://www.sankei.com/life/news/170708/lif1707080017-n1.html

 発言がコロコロ変わるコウモリ外交と、決め事も後でひっくり返し、「つねにゴールポストを動かす」と言われる韓国、核開発・ミサイル発射による瀬戸際外交を続ける北朝鮮。本書は、朝鮮半島では高句麗の時代からつねにこうした騒動が繰り返されてきたことを論証し、その根本原因を解説した一冊です。

 朝鮮半島最初の王朝・衛氏朝鮮は中国人が建国したという史実や、朝鮮の歴代王朝が中華帝国の属国となり続けたことの劣等意識から、韓民族は建国物語「檀君神話」を生み出した。その一方、儒教など中華の文化に染まり、元や清のように中華世界が夷狄(いてき)に支配されたことで、「朝鮮こそ本当の中華」と思うようになり、その自尊感情が「何でも韓国起源」のウリナラ史観に繋(つな)がったと分析しています。

 加えて、他律的な歴史による民族アイデンティティーの喪失が朝鮮半島の内紛の原因で、歴代王朝での内ゲバから戦後の南北分断、韓国内の右派左派闘争を引き起こしたと解説。左右対立で建国記念日も策定できず、国家の正統性が確立していないことが「動くゴールポスト」現象を生み、北朝鮮では内紛の末に誕生した「金王朝」の正統性を確保するための瀬戸際外交が続いていると喝破します。

続きを読む

米爆撃機「B─1B」2機、南シナ海上空を飛行

2017年07月09日 21:40:30 , JST
みつを ★ 2017/07/07(金) 18:28:20.59
http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN19S0LD

[東京 7日 ロイター] – 米空軍は7日、米爆撃機「B─1B」2機が南シナ海の上空を飛行したと声明で発表した。中国が領有権を主張する南シナ海について、国際領域とみなしていることを示した形となる。

B━1Bは、南シナ海を飛行する前には東シナ海上空で航空自衛隊の戦闘機と夜間の共同訓練を実施した。空自機とB−1Bが夜間訓練を実施するのは初めて。

2017年 7月 7日 2:49 PM JST

 7月7日、米空軍は、米爆撃機「B─1B」2機が南シナ海の上空を飛行したと声明で発表した。中国が領有権を主張する南シナ海について、国際領域とみなしていることを示した形となる。提供写真(2017年 ロイター/U.S. Air Force/Airman 1st Class Gerald R. Willis)
http://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170707&t=2&i=1191994923&w=640&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPED660AW

続きを読む

1 / 812345...最後 »
スポンサード広告

アンテナがビビビッだぜ!

中韓朝日報 で人気のあるスレッド

世間様が注目しているニュースなど