投稿カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

中韓朝日報(ちゅうかんちょうにっぽう)へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

逆アクセスランキング

1 / 712345...最後 »

民進・前原代表、安倍政権を倒すために、立憲民主と選挙協力したい

2017年10月10日 23:53:58 , JST
  2017/10/09(月) 10:31:52.66
 民進党の前原誠司代表は7日午前の読売テレビ番組で、新党「立憲民主党」との10日公示―22日投開票の衆院選での連携について
「枝野幸男代表たちとは安倍政権を倒すために(選挙)協力したい」と述べた。
今後、立憲民主の候補者が出馬する選挙区には、希望の党の対抗馬を立てない意向を強調。「与野党一対一の構図をつくる」と語った。

 希望の代表を務める小池百合子東京都知事の衆院選出馬については「最初から一貫して出ないと言っていた」と指摘した。
衆院選後に、希望が自民と連立を組む可能性については「政権交代を目指さないと選挙の意味がない。
今から自民と組むことを想定してやるのは有権者にわかりにくい」と否定的な考えを示した。

前原氏、立憲民主と協力 「安倍政権を倒すため」
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22026440X01C17A0NNE000/

続きを読む

【韓国】子犬の糞(写真)

2017年10月10日 22:20:46 , JST
HONEY MILKφ ★ 2017/10/09(月) 07:01:04.26
(写真)

クォン・ジョンセン童話の国は、『子犬の糞(こいぬのうんち)』と『モンシル姉さん』を書いた児童文学家
の人生と作品世界を再現した場所である。

クォン・ジョンセン(1937〜2007)は20代前後に罹った肺結核と肋膜炎、腎結核で苦しみながら文章を
書いた。

障害無所有の人生を実践して、印税10億ウォンが入った通帳を残してこの世を去った。

「印税を全て子どもに返す」という彼の遺言によって設立されたクォン・ジョンセン子ども文化財団は
2014年、廃校だったイルジク南部小学校を改築して、子ども文学館である『クォン・ジョンセン童話の国』
として構えた。

写真は童話の国の前庭に設置された、子犬の糞の造形物。

ソース:NAVER/アンドン=聯合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0009589959

続きを読む

「希望の党に一度やらせてみよう!」みたいなノリあるじゃん?

2017年10月10日 22:00:44 , JST
  2017/10/08(日) 07:53:01
民主党に一度やらせてみようみたいなノリで政権交代をしたときの悲劇を忘れたのかな?

続きを読む

「従軍慰安婦」の強制連行も、差別もなかった 最後の証人が語る、日...

2017年10月10日 21:00:51 , JST
ねこ名無し ★ 2017/10/09(月) 05:35:11.71
日韓関係をぎくしゃくさせている原因のひとつとしてあげられることの多い、日本による「朝鮮統治」。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、朝鮮総督府で官吏をされていた西川清氏の著書『朝鮮総督府官吏、最後の証言』の内容を引きながら、朝鮮統治時代の日本人と朝鮮の人々との関係性について、メルマガ著者の伊勢雅臣さんが分析・解説しています。

朝鮮総督府の「一視同仁」チームワーク

朝鮮総督府で官吏をされていた人が、当時の体験を語った貴重な本がある。本年7月、102歳で亡くなられた西川清氏の『朝鮮総督府官吏、最後の証言』だ。表紙の帯には「おそらく総督府の実態を語れるのは私が最後だと思います」との発言がある。

この本の裏表紙にある写真が、西川さんの証言のすべてを物語っている。そこでは4人の若い男性が桜の木の下で、肩を組んでいる。キャプションには「1934年 官吏仲間と楽しく花見する西川氏」とある。

一人は着物を着ているので日本人と分かるが、他の3人は洋服だ。そのうちの一人が西川さんで「大和系日本人」、残る2人の青年には「朝鮮系日本人」と注意書きされている。

仲良く肩を組んでいるので、そのような注意書きがなければ、誰が日本人で誰が朝鮮人だか全くわからない。西川さんの朝鮮総督府での業務体験を読んでいくと、日本人と朝鮮人が一体となったチームワークで仕事をしていたことがよく窺われる。

町の周囲の山が禿山だった

西川さんは昭和8(1933)年18歳で和歌山県の熊野林業学校を卒業し、校長の斡旋で朝鮮総督府に就職した。朝鮮といっても、当時は内地(国内)、外地(朝鮮、台湾)とも同じ日本だったので、日本国内の遠い地方に行くという感覚だった。任地は江原道(こうげんどう)。「道」は日本で言えば「県」にあたり、江原道は朝鮮半島の東海岸、南北ではちょうど中程にあった。

朝鮮に行ってまず驚いた事は、釜山(プサン)や京城(ケイジョウ、現ソウル)など町の周囲の山が禿山だったことです。
…朝鮮にはオンドルという薪(まき)を焚いて床を暖める設備がどこの家にもありました。朝鮮は非常に寒くなりますから、このオンドルには大量の薪が必要です。しかし、朝鮮には植林をするという技術もなく、指導者もいなかったので、街に近い山々にはほとんど樹木がなくなっていました。
(『朝鮮総督府官吏 最後の証言』桜の花出版編集部/星雲社)

西川さんの最初の仕事は、この禿山に植林をすることだった。まず土が流れないよう、70〜80センチの段々を作り、そこに木を植える。植林は土砂崩れや洪水防止のために急務であった。また海の近くに植林することで、漁場に栄養が行き渡る。西川さんは日本の林業学校で「樹のない国は滅ぶ」と教えられていた。

朝鮮総督府は1911年からの30年間で、5億9,000万本もの植林を行った。朝鮮全人口の一人あたり約25本という膨大な数である。西川さんはその一翼を担ったのである。

日本人官吏と朝鮮人官吏の給与も出世も平等だった

昭和11(1936)年に朝鮮総督府は地方官吏養成所を設け、西川さんはその第1期生として京城で1年間学んだ。江原道からは5人が送られたが、そのうちの2人は朝鮮人だった。養成所の第1期から朝鮮人も選ばれて、幹部候補生として育てられたのである。幹部ともなれば、日本人の上司となることも、ごく普通であった。

昭和18(1943)年、西川さんは江原道の21の郡の一つ、寧越郡の内務課長に昇進した。寧越郡は7つほどの村を管轄しており、全体で60名ほどの職員がいた。どこの郡でも郡守はほとんど朝鮮人で、寧越郡も例外ではなかった。西川さんは朝鮮人郡守の下で内務課長を務めたわけである。

給与も出世についても、日本人も朝鮮人も全く差別はなかった。ただ内地から来た日本人には外地手当が支給された。したがって内地に働く日本人官吏と、朝鮮で働く朝鮮人官吏は同じ給与だったようだ。これは現在の多くの日本企業の海外法人よりも公平である。

その後、西川さんは道庁に移って課長補佐になったが、そこでも朝鮮人の方がずっと日本人よりも多く、また道庁の部長もほとんど朝鮮人であった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13700505/

>>2以降に続く)

続きを読む

【悲報】抗議運動と称して国歌起立を拒むNFL選手「副大統領がおっ...

2017年10月10日 20:00:46 , JST
  2017/10/09(月) 13:33:36.28
差別とは関係の無い所での争いになってるな
抗議側はこうなると思わなかったのかな

続きを読む

1 / 712345...最後 »
スポンサード広告

アンテナがビビビッだぜ!

中韓朝日報 で人気のあるスレッド

まだデータがありません。

世間様が注目しているニュースなど

人気のあるスレッド

まだデータがありません。