投稿カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月間アーカイブ

お問い合わせ

中韓朝日報(ちゅうかんちょうにっぽう)へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

逆アクセスランキング

20 / 2,471« 先頭...10...1819202122...304050...最後 »

「加計孝太郎は自民党岡山県支部の代表者!」 ←パヨクサイトのデマ...

2017年06月24日 0:01:10 , JST
  2017/06/22(木) 11:59:15.65
デマ!「加計孝太郎は自民党岡山県支部の代表者」は情報速報ドットコムの捏造

学校法人加計学園の加計孝太郎理事長が、自民党岡山県支部の代表者だというデマがネット上に拡散している。
岡山県支部の衆参選挙区どちらとも確認してみたが、加計孝太郎の名前は記載されておらず、そもそも支部長(代表者)は議員が務めるのが通例だ。
当初、この情報はツイッターで収支報告書の1枚目のみが拡散されていたが、これをデマに変換して流しているのが、
福島瑞穂ご用達のフェイクニュースサイト「情報速報ドットコム」である。

政治活動の拠点支部ではない
まず、タイトルで「自民党岡山県支部の代表者だった!」と書いていながら、本文中では「自由民主党岡山県自治振興支部」となっている。
岡山県支部連合会に取材したところ、これは岡山県内だけでも100か所以上存在する小規模支部であり、
運営や活動は各支部に任されており、岡山県連合会でも党員であるかすら把握していないレベル。
情報速報ドットコムはタイトルで、選挙区支部と職域支部を混同させるような印象操作を行っているということだ。

収支報告書の重要部分を掲載していない
今回、情報速報ドットコムが掲載した政治資金収支報告書は3枚で、うち1枚は重複した同一書類である。実際は6枚あるのになぜ、残りの4枚を掲載していないのか?
答えは簡単で、実際の収支報告書のPDFページに都合の悪い内容が記載されているからだ。
その4枚には収支の内訳が記載されており、その内訳をみると領収書が必要なレベルの政治活動に関わる細目や、事務所経費の計上もない。
政治的な働きかけなどしようもない少額小規模である。
記載されているのは自民党費とは別の会費1300円×会員数のみで、年間合計でたった72800円、それも全額が「その他の支出」で支出されプールされる繰越金も存在しない。

所在地の写真が別のもの
まず、情報速報ドットコムは記事のトップに岡山理科大学の写真を使っている。岡山理科大学の所在地は、政治資金収支報告書に記載された場所に近いだけで別の場所だ。

(※抜粋 デマサイトのURL等はソース元で)

http://ksl-live.com/blog9467

続きを読む

アニメなどで活躍する外国人、最短1年在留で永住権

2017年06月23日 23:20:52 , JST
  2017/06/22(木) 03:25:58.84
安倍はどういうつもりなんだ?

続きを読む

出生率低下で人口減少って悪いことか?

2017年06月23日 23:00:54 , JST
  2017/06/20(火) 11:47:49
デメリットは老人の負担やけど
メリットもあるやろ
人多すぎやねん

続きを読む

韓国・仁川空港の新ターミナルが開港延期 平昌五輪にも影響

2017年06月23日 22:20:40 , JST
荒波φ ★@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 09:32:11.60
2017年6月20日、韓国・中央日報によると、韓国の仁川空港公社が今年末に予定されていた仁川空港第2旅客ターミナルの開港を来年の平昌冬季五輪(2月9?25日)以降に延期することを進めていることが分かった。延期された場合、五輪選手団や観光客の入国に大きな不便が生じるとみられている。

仁川空港公社関係者は20日、「第2旅客ターミナルの免税店事業者の選定が予定より遅れ、年末までにターミナル内の免税店の造成工事を終えることが難しい状況」とし、「ターミナル開港日の延期について国土交通部と協議している」と明らかにした。第2旅客ターミナルの開港時期については「主要航空会社の夏季の運航スケジュールが3月から始まる点を考慮し、平昌五輪が終わった後の3月が適切と考えている」と述べた。

また、空港公社は非正規職員を年内に正規職に転換する作業も開港時期を遅らせなければならない要因と主張した。現在、航空公社は第2旅客ターミナル開港のため、約3000人を新たに採用するという協力会社の計画を全面的に中断させた状態だ。

しかし、国土交通部は「平昌五輪に備えるためにも開港の延期は認められない」との立場を示している。同部関係者は「非正規職員の正規職への転換問題は航空公社が計画どおりに進めればよいことであり、そのために開港を延期するのは理解できない」とし、「年末、遅くとも来年の1月中には開港し、平昌五輪の時に外国人訪問客らが快適に利用できるようにするというのが政府の方針」と強調した。

さらに、同関係者は「高高度防衛ミサイル(THAAD)問題の影響で中国人観光客が減少しているものの、仁川空港の全体の利用客数は増加しているという点も予定どおりに開港しなければならない理由」と説明した。

また、一部では「第2旅客ターミナルの開港を延期しようという仁川空港の主張は、これまで見せていた姿と相反する」と批判する声も出ている。空港公社はこれまで、免税店の選定権をめぐり関税庁と対立した時など、問題が生じるたびに「円満に解決されなければ平昌五輪の準備に支障をきたす」と主張してきた。

そのため、航空業界では仁川空港の経営陣が無理に非正規職員の年内の正規職転換を約束したものの、実現が難しくなったために開港時期を遅らせて時間を稼ごうとしているのではないか」と指摘する声も上がっている。

専門家らは開港が延期された場合の平昌五輪に及ぼす悪影響を懸念している。韓国航空大学経営学部のユン・ムンギル教授は「第2旅客ターミナルの開港が延期されれば、平昌五輪のために韓国を訪れた外国人が空港から出るのに60?70%の時間を余計に費やすことになる」と説明した。

また、国策研究所の博士は「仁川空港は平昌五輪の選手団と観光客の大部分が入国する関門。空港は韓国の第一印象のためにも万全の準備をしなければならないのに、免税店工事の遅延という納得しがたい理由で第2旅客ターミナルの開港を延期するというのは問題だ」と指摘した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは

「なぜ免税店に合わせる?ターミナルを先に開港し、免税店は後からオープンさせればいいのに」
「免税店が一番大事という発想が笑える」
「免税店のための空港なの?」
「大事なことは何か、全く分かっていない。免税店はどうでもいい」
「正規職に転換するから開港が遅れる?どういうこと?」

など延期の理由に納得できないとする声が多く寄せられている。また

「国民の金で遊ぶな」
「この国がまともに仕事をしたことは一度もない」

などと批判する声もみられた。

一方で

「適当につくってコストが二重にかかることのないように!」
「遅くてもいいから慎重に作業してほしい」と主張する声も。

そのほか「五輪の時、どうせ外国人は大して来ないよ」
「正直、平昌五輪の開催を中止してほしい。仁川もアジア大会の後、山積みの問題に悩んでいるではないか」

と平昌五輪の開催に不安をのぞかせるコメントもあった。

2017年6月22日(木) 9時20分
http://www.recordchina.co.jp/b178000-s0-c50.html

続きを読む

ナイジェリアの人口、2050年までに米国を抜き世界第3位となる見...

2017年06月23日 22:00:55 , JST
  2017/06/22(木) 21:17:39.22
地球が壊れる。

続きを読む

20 / 2,471« 先頭...10...1819202122...304050...最後 »
スポンサード広告

アンテナがビビビッだぜ!

中韓朝日報 で人気のあるスレッド

世間様が注目しているニュースなど

人気のあるスレッド